ラピーダの価格や維持する値段は?

ラピーダ(ラピーダロイヤル)の価格や維持する値段はいくら位なの?

 

ラピーダ愛用者

アートネイチャーのラピーダおよび新登場のラピーダロイヤルに関する価格や値段が気になる人も多いでしょう。調べた人は分かると思いますが、実際にアートネイチャーの公式HPを見ても、価格や値段について記載されていません。これは何故でしょうか?

 

その答えとしては、使用する毛の量や質などに個人差があるからです。目安となる価格や維持費については体験談を参考にすればある程度は分かりますが(月1、2万程度〜)、正確な価格については実際にカウンセラーの診断を受ける必要があります。

 

その為にCMでも紹介されている無料体験が準備されているのです。無料体験の際に頭髪状況を専門のカウンセラーが診断し、最適なプランを提案してもらえます。その際に必要となる価格や維持費についても見積もりを出してもらえます。

 

それを踏まえて、予算と照らし合わせて判断するのが無料体験です。ラピーダに関しては最大で1週間もの無料お試し体験期間が準備されています。色々と勧誘されるのではないかと不安に思う人もいるようですが、当然勧誘はされるでしょう。

 

ただ、大手企業であるアートネイチャーの信頼にも関わりますので、勧誘に関しても常識の範囲内です。私の場合はプランの説明を受けただけといった印象でした。検討したい旨を伝えれば引き止められることなく送り出してもらえました。

 

アートネイチャーの無料体験では、無料ヘアチェックも受けられます。既に薄毛やAGAが進行している人は勿論ですが、今後が心配な人、現状の頭皮状態を知りたい人などにもラピーダの無料体験はお勧めです。

 

≫≫ラピーダ(ラピーダロイヤル)の実力を確認する≪≪

 

新登場ラピーダロイヤル2015

ラピーダロイヤルとは2015年3月に発売されたラピーダの進化版です。ラピーダロイヤルの特徴としては、どんな部分でも増毛が可能であり、頭頂部を立ち上げたソフトモヒカン風の髪型もバッチリキープできます。毛先を遊ばせることでお洒落さが増します。軽くて自然な見た目を実現するのは従来通りです。

 

俳優の松平健さんがラピーダロイヤルを装着してPRされています。やはり髪が増えると見た目が若返りますね。0120-17-2323に電話するか手軽なインターネット予約のどちらかで無料体験の予約が可能です。資料パンフレットの請求も可能です。

アートネイチャーマープ増毛法の4種類のコースとは?

 

マープの種類

 

アートネイチャーはテレビCMなどでお馴染みのメーカーで、増毛・育毛に強いイメージがありますよね。実際アートネイチャーは増毛法を自社開発するほど増毛の分野に力を入れています。そんなアートネイチャーが開発したのがマープ増毛法です。マープ増毛法は自毛に人工毛を結びつけて髪を増やす方法です。気になる部分だけ増やすことが出来ますし、自然な仕上がりが期待できます。マープ増毛法には主に4種類のコースが存在します。

 

ナチュレ、トレン、ソニック、マッハの4つです。ナチュレでは極細の人工毛を使用するので、生え際や分け目などを増毛したい時にオススメのコースです。トレンではナチュレより太くてコシのある人工毛を使います。元々の自毛が太い人や硬い人、ヘアスタイルをばっちり決めたい方にオススメです。ソニックは一時間に2000本もの増毛が可能なコースで、自毛の少ない場所にも自然な髪を素早く作ることが可能です。ソニックはナチュレやトレンとの併用も可能です。マッハは20分あたり2000本〜4000本もの増毛が可能なハイスピードコースです。こんなに早く増やしたら周りにばれる可能性も高いですが、需要があるからマッハコースもあるんでしょうね。

 

さらに自毛1本当たりに人工毛を何本付けるかも選べます。シングルなら自毛1本に人工毛が2本、ダブルなら4本、トリプルなら6本です。どれを選択するかは頭皮環境、髪質に応じて変わります。アートネイチャーではヘアカウンセリングもあるので、その内容次第でコースを決めます。無料増毛体験の際にあなたの頭髪状況をカウンセラーが確認して、ラピーダが良いのかマープが良いのか判断してもらえます。

増毛方法の種類とメリットデメリットについて

 

完全なるAGA男性

抜け毛・薄毛に悩んでいる方は育毛剤や育毛シャンプーを使ったりしていると思います。しかしより直接的な対策として増毛という方法もあります。最近は技術が進み、バレずに短期間で、かつコストも抑えられるようになりました。メリットばかり思えますが、デメリットもあるので、増毛のメリットデメリットを説明します。

 

メリットデメリットは増毛の方法によって異なってきます。まずは結毛式という方法についてです。結毛式は自毛の根元に人工毛を1本〜数本結びつける方法です。メリットは通気性に優れ、頭皮への負担が少ないことです。デメリットとしては自毛が伸びると、人工毛を結びつけた位置も上がるので調整が必要になります。月に1回程度のメンテナンスが必要になるので、お金がかかります。また自毛への負担も大きいです。

 

続いては接着式のメリットデメリットについてです。接着式は人工毛を植えた極薄のシートを接着剤で頭皮に貼る方法です。メリットとしては自毛が無い場所にも増毛できること、自然な髪を表現出来ることにあります。デメリットとしては頭皮への負担が大きいことが上げられます。編み込み式というのもあります。編み込み式は自毛と特殊な糸を使い「土台」を形成し、そこに人工毛を植えていく方法です。土台に人工毛を植えるので、自毛にも頭皮にも負担が少ないというメリットがあります。やはり1か月に一回程度のメンテナンスが必要なのでお金がかかります。増毛方法によってメリットデメリットは異なります。
自分の現在の頭皮の環境や予算などに応じて最適な物を選びましょう。

【補足】アートネイチャーラピーダに関連する記事一覧

 

増毛した生え際

2014年9月にラピーダ、2015年3月にラピーダロイヤルという新たな増毛法を発表しました。アートネイチャーのこれまでの主力の増毛法と言えばマープ増毛法でした。マープ増毛は自毛に人工毛を直接結びつける方法だったので、自毛が少ない人・短い人には向かない方法でした。また自毛が少ないと広範囲を増毛するのに限界がありました。

 

ラピーダでは新たにラクティブベースを増毛に採用しました。ラクティブベースというベースを増毛に活用することで自毛の長さや髪の量に影響を受けづらくなりました。広範囲をナチュラルに増毛出来るので、無造作ヘアなど自然な髪型も実現可能です。新構造のラクティブベースは一人一人に合わせたものを作ってくれます。その為にアートネイチャーでは最新の3Dスキャンシステムで頭の形や髪型を正確に把握・分析します。

 

頭の形や髪型は人それぞれ異なるものです。生え際が薄い人、頭頂部が薄い人、絶壁の人など色々な方の状況に合わせたラピーダを製作してくれます。頭の形や自毛の髪質やくせに合わせてラピーダが作られるので、非常に自然な仕上がりが期待できます。もちろんカラーバリエーションも豊富なので茶色がかった髪、白髪交じりの髪も再現出来ます。

 

始まったばかりのサービスということもあって無料体験実施中なのもうれしい所です。また、ラピーダロイヤルは24時間抜群の立ち上がりを実現し、キープ力の面で非常に優れています。軽くて自然、その点はラピーダと同様です。ラピーダおよびラピーダロイヤルの増毛法は個人の頭に合わせベースを作ってから増やす方法です。なので、実際にヘアチェックやカウンセリンを受けてみないと増毛にいくらかかるか分かりません。公式サイトにも値段は書いてませんからね。無料体験を活用すれば大体の予算も把握出来るので便利ですね。

 

M字ハゲにはラピーダよりもヘアフォーライフ?

M字ハゲがどうしても、何をしても改善しないという人にはヘアフォーライフを使うのがお勧めです。M字ハゲは、育毛剤が効きにくいと言われています。色々と育毛剤はありますが、決定的にこれが効くと言えるものもありません。リアップや、プロペシアなどの、他の箇所には効果のある育毛剤も、M字ハゲは併用して使用したり、生活習慣を改善したりなどを試みても、長く使っていても思ったほどの効果が出ない場合も多いです。そういった場合、ヘアフォーライフが一つ選択肢としてあります。ヘアフォーライフは、アートネイチャーの、接着剤で髪の毛を地肌につけるものです。とても薄いシートで、生え際の再現も素晴らしく、他から見ても違和感が全くありません。生え際の違和感がないということは、M字ハゲも自然に改善できるということです。ヘアフォーライフは自分で着けられるものではなく、サロンに通って、自分にあった毛を調整して貼り付けます。ヘアフォーライフの使用期限は3週間〜1ヶ月程度です。床屋に通う感覚でアートネイチャーのサロンに足を運び、調整とカットをしてもらう流れとなります。ヘアフォーライフを使いながら育毛に取り組む事も勿論可能です。ヘアフォーライフを使いながらプロペシア治療を行っている男性も多いようです。無料体験の際にヘアフォーライフが良いのか、はたまたラピーダのほうが良いのか?あなたの頭髪状況に合わせたアドバイスをしてもらえますので安心です。

縮毛矯正とアートネイチャー

縮毛矯正は、くせ毛の人にとっては救世主のような存在です。くせ毛の人は、セットもしにくく、天気に髪型も左右され、毎日大きなストレスと戦っている状態なのです。縮毛矯正をすることで、その毎日のストレスからも解放され、気が楽になります。ところが、縮毛矯正は、ハゲや薄毛の原因になってしまうのです。縮毛矯正や、薬液を付けた後、アイロンの熱で髪の毛を伸ばしていきます。そして、髪を伸ばす時にはかなり引っ張ります。これが、毛根にとてつもなく負担を与えるのです。薬液は頭皮にはつかないとされていますが、実際は、かなりついています。そして、この縮毛矯正の薬液が、毛根を壊して行く原因になります。一度や二度の縮毛矯正で、そこまで毛根が痛めつけられることはありませんが、縮毛矯正は繰り返し受けるものです。毛根へのダメージはどんどん蓄積されていくのです。そして、よく言われるのが、薬液が原因で壊れた毛根は、二度と元に戻らないということです。縮毛矯正によってスカスカになってしまった毛、その場合はアートネイチャーなどの増毛を使って見るのも手です。アートネイチャーの増毛は、手軽に付けるタイプ、自毛に結びつけるタイプ、ロングに対応するタイプがあります。シートを貼るタイプのものも準備されています。ラピーダに関してもそうですが、アートネイチャーは価格を事前に通知してもらった上で決めれるので安心です。アートネイチャーのサロンは全国各地にありますし、専用のカウンセラーが相談に乗ってくれます。アートネイチャーのサロンで、縮毛矯正での薄毛だと相談すれば、ぴったりあった改善方法を提案してくれます。

女性もラピーダやマープは可能なのか?

FAGAに悩まされている方は珍しくはありません。FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略であり、日本語に治すなら女性男性型脱毛症となります。女性にのみ起こる脱毛症であり、比較的原因がはっきりしているのが特徴です。最大の原因はホルモンバランスであり、40代以上の方に多く見られます。これは女性の場合、閉経といった事情があるので40代以上の方はホルモンバランスが崩れやすいのが原因です。ホルモンバランスが崩れやすいのが40代以上だから、そのぐらいの年令の方に多く起こりますが、現代では若い方に起こることも珍しくはありません。若い方であっても、閉経以外の理由でホルモンバランスが崩れることがあるからです。ホルモンバランスが崩れる原因としてストレスの存在が挙げられます。ストレスを多く感じているという方はホルモンバランスが崩れやすいのでFAGAに罹ることも珍しくはありません。そしてストレスと関係しているのがダイエットの存在です。ダイエットでは食生活を見直すということが良くあります。そのため、好きなものを食べられないということからストレスに繋がることもあるのです。比較的理由がはっきりしていますが、治すのは簡単ではありません。何故なら、FAGAを扱っている病院があまりないからです。つまり病院で指導を受けるということが行いにくく、自分でホルモンバランスを整えるということを行う可能性が高くなっています。仮に病院で診てもらえる場合でも、高額になることも珍しくはありません。アートネイチャーでは女性向けの増毛や育毛コースも準備されています。ラピーダの女性版は今のところありませんが、マープであればレディースマープという増毛が準備されています。