M字ハゲが選ぶカラーリング

M字ハゲが選ぶカラーリング

M字ハゲを目立たなくするためにカラーリングをしている方は結構いらっしゃると思います。確かに、明るいカラーリングにすると、M字ハゲの形はわかりにくくなります。

 

しかし、カラーリングをすることはM字ハゲにとってあまり良いことではありません。カラーリング剤には、頭皮にとっては刺激が強いものが多いです。逆にM字ハゲを進行させてしまう恐れもあります。

 

それでもカラーリングをしたい場合は、カラーリング剤の特徴を考えてM字ハゲに優しいものを選んでみましょう。では、カラーリングにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、ブリーチ。これは、髪の色を抜きます。頭皮にも髪にもかなりの負担がかかるので、避けたほうが良いです。

 

次にヘアカラー。一般的なヘアカラーは、ブリーチと色を入れるということを同時に行います。ブリーチほどではありませんが、髪、頭皮どちらにも負担はかかります。

 

ヘアマニキュア。これは、髪色を付けるもので、1ヶ月ほどで色が落ちます。髪への負担はほとんどありませんが、頭皮には多少の負担があります。

 

あとは、一日で落とすタイプのカラーリング。これは髪にも頭皮にもほとんどダメージがありません。

 

以上のことから、M字ハゲの方がカラーリングを行う場合は、一日で落とすタイプのものか、ヘアマニキュアにするのがまだダメージは少なそうです。それでも、育毛剤などと併用して、少しでもM字ハゲが進行しないように心を配りましょう。