M字ハゲには育毛剤が効かない?

M字ハゲには育毛剤が効かない?

M字ハゲは育毛剤が効きにくい、そんな風に言われることが多いです。M字ハゲの場合、原因が頭皮の状態などではなく、男性ホルモンが主な原因なので、頭皮の状態を改善していく効果のある育毛剤は直接の原因の改善にはならないということがあります。

 

例えば、厚生労働省認可のミノキシジルを使った育毛剤、この効果は血行を良くし毛乳頭を刺激して育毛するというものです。頭頂部などの効果はかなりのものですが、M字ハゲのような生え際のハゲは少しは改善されますが、進行を食い止めるのは難しいようです。

 

次に、もう一つ厚生労働省に認可されている育毛剤のプロペシア。こちらは男性ホルモンのテストステロンが、生え際の毛乳頭に多くある還元酵素、2型5α-リダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンという、脱毛作用のあるホルモンになってしまう、この男性型脱毛症AGAの元となる流れを阻害する効果があります。

 

しかし、M字ハゲの場合にはプロペシアを使っていても効果がないということが良く聞かれます。効果としてはぴったりなはずなのに何故と思われるかもしれません。これはプロペシアが飲み薬であるため生え際へのピンポイントで効かせにくい、また、生え際の血流が悪い、プロペシアには育毛効果があまりないなどの理由が考えられます。

 

そこで、M字ハゲには複数の育毛剤を同時に使っていくといった方法が進められます。また、生活習慣の改善も必要なことです。とても面倒ですし大変ですが、M字ハゲ改善のために必要だと心に刻み、取り入れていくことをお勧めします。